額面通り

AppleMusicからシャッフルで流れる音楽と かわいい嵐へのきらめく恋の記録

旅の記録①

10月23日水曜日。いいお天気ではあったけど、札幌では上着が必要な寒さ。迷ったけど、上着は置いていくことにした。結果これが大正解。1泊2日の東京ひとり旅。まずは朝、7時56分発の快速エアポートに乗り込む。ちょうど通勤ラッシュと重なって、電車内は混んでいた。連結部分でしばし揺られていたけど、新札幌で一旦降りて、となりの車両に移動したり。9時少し前に新千歳空港に着く。搭乗手続きを済ませ朝ごはん。空港内のローソンでチーズたまごサンドイッチとコーヒー。空港の時点でもうかなり暑くて、着ていたカーディガンを脱ぐほどだった。10時10分発のジェットスターで、成田へ。

13時少し過ぎに成田空港着。成田からの都内への入り方はいろいろ迷ったのだけど、まずは京成特急で押上まで。乗ったことのない電車はやっぱりすごく楽しくて、景色もキョロキョロ、乗ってる人の雰囲気もキョロキョロしながら見る。佐倉あたりで乗ってきた男子高校生たちが、席に座るやいなや全員スマホゲームをしだして、時代だなあと思う。宮沢氷魚似のひとりの男の子はワイヤレスイヤホンをして、完全に自分の世界に入っていた。どこかの停車駅で友だちのひとりが下りる時、会話を交わさず手をひょいと上げるだけで別れてて、彼らの日常生活を思った。青砥経由で押上まで、ゆらゆら揺れながら進む。

押上から蔵前までは浅草線に。京成特急もそうだったんだけど、車両故障かなにかで、全体的に10分くらいの遅れが出ていて、行きたいお店のランチの時間に間に合わないかも、と焦りながら、出口を確認したり。なんやかんやありつつ、行きたかったお店に無事に辿り着いてランチを食べた。

f:id:yellowcnr:20200114121150j:image

東京はやっぱり暑かったし、乗り換えの間に走ったのもあったので、お店に着いた頃には汗だくだったのに、出てきたのが熱い番茶で、汗をかきながら飲んだ。本来ならランチの時間はもう終わりだったから、ただひたすらに、もくもくとごはんを食べる。とにかくごはんの量が半端なくて、めちゃめちゃおなかいっぱいになった。

無事にランチを食べ終わり、お店を出たらなんだか潮の匂いがしたので、引き寄せられるように歩いたら、すぐに墨田川に出た。

f:id:yellowcnr:20200114121220j:image

スカイツリーがきれいに見えて、墨田川沿いの雰囲気が最高良くて、感激。「ロンバケみたいや…!!」って、頭の中のBGMは完全にララララブソング。

f:id:yellowcnr:20200114121258j:image

リバーサイドの集合住宅はとてもロマンがある。窓からスーパーボールを投げたくなる。墨田川は連日の台風の影響で増水気味だったし、川の色もいつもよりも茶色いのかもな、とか思いながら、目の前に見えてる橋まで。橋の上からしばらくのあいだ、川の流れを眺めていた。西に傾きかけた太陽の光がキレイで、向こうに見える道路を走る車の流れとか、新旧いろいろなビル群とか、飽きもせず眺めていた。

f:id:yellowcnr:20200114121343j:image

間違いなく、2019年でいちばん幸せな時間だった。小さなプードル2匹を散歩させた人とすれ違ったのだけど、小池徹平似のイケメンで、もしかしてこのイケメンは役者の卵で、まだ食えないから大女優の犬のお散歩代行をしてるのではないだろうか、なんて妄想をした。

橋を超えて、次なる目的地まで。あちこちの植え込み、金木犀がちょうど満開で、泣きたくなる。金木犀は東京の思い出。札幌では味わうことができないもの。

f:id:yellowcnr:20200114121447j:image

なんとなくよさそうな路地を曲がりながら歩く。住んでた時は来たことなかったけど、墨田区は面白い建物が多いなと思う。

f:id:yellowcnr:20200114121507j:image

あまりに暑くて、自動販売機でミネラルウォーターを買って、ごくごく飲みながら歩く。スカイツリーがどんどん迫ってきて、雲のかたちが雷鳴みたいで、素敵だった。

f:id:yellowcnr:20200114121600j:image

次なる目的地は、洋書の古本屋さん。

15時近くに到着。ドキドキしながら店内をぶらぶら。頼まれてた本と、自分のぶんとしてのおみやげ本と2冊買う。店主さんは白人で、大柄な体にヒゲ、ボーダーTシャツに半ズボン。買った本はセブンイレブンのレジ袋に入れてくれて、なんか面白かった。ぶらぶら歩いてる時も、外国人観光客向けのユースホステルを何件も見かけたから、そういうお客さんが来るのかな、と思う。お店を出たらiPhoneがないのに気がついて、あれあれあれ、って焦りながらかばんを漁る。階段の横で荷物全部広げるイキオイで焦って探す。結局かばんの奥の方にあった。焦った。

f:id:yellowcnr:20200114121640j:image

②へ続きます