額面通り

音楽、生活、推しについての記録など

踊りたい 君と一緒に

すっきりきれいな晴れ、高い青空の月曜日。

今朝の1曲目佐野元春&THE COYOTE BAND「愛が分母」

踊りたい君と一緒に 夜を超えて 遠く遠く

あまりに良すぎる…元春御大の曲はいつだって希望だ。素敵ぎるよほんとに。”分母”というワードも元春御大の声で聞くと言葉の意味より軽やかにきこえる。特に”BUN”の部分。

昨日、ずっと使っていたショルダーバッグを処分した。そして今朝、新しいカバンを買った。通販サイトを色々見ながら探してたときは全然ピンとくるものがなかったのに、思いがけないところで突然出会いがあった。嬉しい。心から好きだと思えるものを選べるのはやっぱり嬉しい。

今日こそはマジのマジでちゃんと仕事しないと期限的にけっこうやばいことになるから午後はがんばる。(午後からかーい)月末っていうか上半期の締め。自分でもびっくりしてるんだけど7月からやってない。でも集中すれば1日半でいける、と自分を信じてる。

今朝も朝いちばんから息をするのと同じノリで上司が愚痴を言ってたんだけど、遠く聞こえてるラジオから推しがフィーチャリングしてる曲が聞こえてきて、そっちに集中してたおかげでストレスを感じずに済んだ。彼の歌声のターンになったときにはもう愚痴も終わって静かになっていたからゆっくりと歌声を楽しめた。あー好き。あーもうほんとに好き。彼の歌声が世界でいちばん好きだ。それはそうとわたしの写真集はいつ届くんだろう。代金だけはもうしっかり引き落としが終わっているのだけど??

2曲目はプリンス「Let's Go Crazy」良い。新月の日にこれ以上ない選曲。Let's Go Crazy. Let's look for the purple banana. 2022年の秋のはじまり。

f:id:yellowcnr:20220926105124j:image

わたしの知ってる屋敷じゃなかった

今朝の1曲目Great3「Karada」2曲目フジファブリック「Surfer King」

Twitterのトレンドに「屋敷さん」の文字があって、木曜だし、ラヴィット!でなんかあったんか、とひっさびさにお笑いアカウントにログインしたらはちゃめちゃに痩せている屋敷の写真があがっててびっくり。もう全然、わたしの知ってる屋敷じゃない、アゴのラインがしゅっとした、妙に色黒になってる屋敷がそこにいた。

思えば全然テレビを見ない生活をしていた。今夢中になってる推しグループばかり追いかけていて、HDDの残量すら確認しない3ヶ月を過ごしていた。わたしがテレビを見なくなった時期と、ニューヨークのダイエット企画の時期がまるかぶりだったせいで、今日の屋敷を見て新鮮に驚いた。「だんだん痩せてる」を確認することなく「うわ!!めちゃ痩せてる!!」を体験してちょっとおもしろかったけど。

地上波を見なくなったのにはいくつか理由がある。大きなきっかけだったのは「世界陸上」でラヴィット!が2週間弱お休みになったこと。ラヴィット!がなかったあの数日の間に、見るものがないもんだから推しグループのYouTubeばかり見るようになってずぶずぶと沼にハマっていったんだよな。時を同じくしてちょうどその頃、オズワルド伊藤と蛙亭イワクラの話題があって、恋愛をネタにするムードというか、テンションについてけないなーって気持ちになったのも地味に影響あった気がする。わたしにとってラヴィット!は楽しい学校みたいな存在だったから、誰かと誰かがくっついたーのネタは別にいいかな…みたいな。

あーそうだそうだ。テレビを見なくなったのはラヴィットのことだけじゃなくて、嵐と決別したせいもあるか。智以外の4人の活動を追わなくなったのも要因な気がする。思えば遠くへ来たもんだ。

yellowcnr.hatenablog.com

0920

各方面に気を遣いまくった連休が終わり、通常業務の火曜日。今朝の1曲目スピッツ「醒めない」2曲目サニーデイ・サービス「夢見るようなくちびるに」

朝ラジオをつけたら、レッチリっぽい曲が流れてきて、えっ、これレッチリ??にしてはサウンドが軽いような…声はアンソニーっぽいけど、ハリがないような…??とか思いつつ調べたら普通にレッチリの新曲だった。10月にアルバムがリリ―スされるらしい。わたしの中のレッチリのイメージは、はっきりとした輪郭、強い混沌と強烈さだったんだけれども、新しい曲のサウンドや歌声からは、揺らめきや空白感、あえての逡巡みたいなものを感じて、それって今の空気なのかなあと思う。

こなさなければならないイベントはあとふたつ。やっとここまで来た、いよいよ残りあとふたつのところまで来たよ、ぐちぐち弱音を吐いていた先週のわたしよ!明日は5時に起きることができればもう、終わったも同然。今週も乗り切ってゆきましょう。

 

夏なんて知らない

重たいイベントひとつ終わって心はスッキリの金曜日。ラジオからはピチカートファイブの「ハッピーサッド」が流れている。ななな懐かしい。懐かしすぎる。8cmシングルのジャケがかっこよかった記憶。

イベントは3日間立ちっぱなしだったから体力的にはキツかったけど上司の愚痴をきかされないだけラクだった。今朝3日ぶりにうるさくていやだった。

朝のシャッフル1曲目はフレンズ「night town」で2曲目にビッケブランカの「夏の夢」がかかって、あーもう夏はずいぶん遠くになったなあとしみじみしたのだった。昨日から長袖のカーディガンを着ているし、風もすっかり秋。夏なんて知らない~ってビッケが歌ってて、そうだねたしかに夏があったはずなんだけど、みたいな気持ちになった。

明日からまたイベントアゲイン、2日間。今日はもうローテンションでいく、体力温存しなければならない。

君がいるなら

今ラジオからスカートの「君がいるなら」がかかって、とてもよい。

何もなくても 君がいるなら

僕はまだ 歩いてゆける

最後のギターのカッティングっていうんですか、あのコード感がもう、めちゃめちゃキュンときますよね…知らない記憶がよみがえる。何度聞いても良い、良い、良い。ああーーっそして次にくるりの「There is(always light)」がきて本格的に情緒がおかしくなってきた。(落ち着いて)

生きなければ。

そういえば会社についてラジオをつけたらいきなり推しの歌声が聞こえてきて、テンションあがったんだった。ありがとうラジオ。こういうSerendipityはすてきだ。良い9月。

 

0911

お昼は昨日の残りのピザを食べた。これから長風呂する予定、お休みの日ならではの楽しみ。くじいた足は湿布を貼っていたらかなりよくなってきた。明日からも歩いていけるかな、無理しない方がいいかしら。

はじまれば終わる。火曜日からの怒涛の1週間を想像して、うげーっとなったら心の中で唱えることにしている。はじまれば終わる。9月がんばるごほうびに、東京行きたーーいのタイミングを測ってるんだけど、、どうだろう。気分転換するにはいい頃合いなんだけどな。

夜ごはんはいただききもののたらこでたらこスパゲッティ、あと厚切りベーコンとズッキーニを焼いたのと、きゅうり。きゅうりはもう夫がピクルスにしてくれてるのでそれを前菜に食べる。ゆっくりスタートして、推しグループの映像を流しながらだらだら長くお酒を飲んでる時間がいちばん楽しい。

どんぐり踏んで足をくじいた

昨日の夜見たコンサート映像が最高の最高で、朝起きてからもすごくふわふわしていて、あーーー幸せ、こんなにじんわりと幸せな気持ちが続くコンサートを見たのはいつぶりだろう、って耳に流れてくる音楽に気持ちをもってかれたまま歩いていたら公園の前の道でどんぐり踏んづけて足首をぐぎっとやってしまった。くるぶしが腫れてきている。痛い。来週は立ちっぱなしのイベントがあるのに、大丈夫かな。でも乗り切るしかない、自分が悪いし。

痛いから、いつもはストレスに感じる上司のちょっとした物言いも、別にどうでもよくなってくる。いちいちかまっていられない。あーなんか、口が動いてるなーという感想しかない。これはいいことなのかもしれない。

公園の近くはしばらく歩かない方がいいかな。だんだんと変わってく葉っぱの色、見るの楽しいんだけど。どっちにしても、足元には注意しましょう。楽しい気持ちの時こそ、ほんの少しだけ慎重に過ごしましょう。