額面通り

音楽と生活の記録

1130

11月28日つづき。

朝からなんだかついてない日だったんだけど午後になって少し持ち直してきた。午前中届かなかった荷物は午後ちゃんと届いたし、東京に住んでいるかわいい弟が久しぶりにLINEをくれたりして、だんだんと良い時間が持ち直してきて良かった。

夜はベストアーティスト。とても楽しみにしていた嵐さんの新曲「BRAVE」初披露。期待を何倍も上回る、素晴らしい楽曲だった。歌詞といいメロといい翔さんのラップ詞といいダンスといい嵐さんのパフォーマンスといい、大変素晴らしかった。個人的にとても好きなタイプの楽曲だった。わたしはやっぱり嵐の5人がオラオラしてるところを見るのがとても好きだ。和を乱さず、クレバーな振る舞いでその場になじみ、いつもニコニコしてる5人が、曲の世界観を表現しようとグッとスイッチを入れたときのあの感じがとてもとても大好きだ。

ベストアーティストという番組自体は、ここ最近の日テレの悪いところが全部出てるような演出。去年もそうだったけど今年も。歌ってる間に、カメ止めとかお笑い芸人とかいちいち挿入する意味?曲フリ前に「ここ見て!ここ聞いて!」なんて大きなお世話なVTRを入れる意味?ってすごく思うけど、腐ってたって始まんねえからさあ(ラッキーマン)の精神で最初から最後まで楽しく見た。翔さんは音楽が大好きな人だから、音楽が軽んじられているような演出はたぶんお好きではないと思う。でもその翔さんが、率先して”楽しもう”とされていた姿を拝見して考えをあらためた。わたしも妙な演出を楽しみながら見た。

11月29日木曜日。

ポケットパーク。自分が遊びやすいように、自分の好きなように整えたパークは、自分らしく手をかけたというその事実だけで満足度は高くなる。お題にそって大喜利する状態、自分の答えがいちばんだと思えるかどうか。自分の回答に満足がいくものが提出できるのがなによりいちばん。午後は半休をとっていろいろお出かけ。ひさびさに行くお店でモンブランとコーヒーなど。夜、家に帰ってから「獣になれない私たち」第8話を見る。

f:id:yellowcnr:20181130120545p:plain

素敵なシーンだった。最高だった。二人を見たときの京谷の顔、田中圭くんもとっても素晴らしかったけど、なによりも晶と朱里。最高にかわいいこの笑顔。潔癖な世の中においては、潔癖な考え方の人にとっては全くもって理解できないかもしれない。でもこのシーンってけっこう、人生の真理だと思ってる。人と関わって生きてるからこそ訪れる、ラックのような不思議な瞬間。

恒星がひとり路線バスに乗ってるシーンは泣けた。なくなってしまった実家の写真、そこにあったはずのゲーム。水田演出×路線バスの組み合わせは最高すぎるからダメだ。「anone」で小林聡美が会えなかった娘と会話するシーンも「先に生まれただけの僕」で蒼井優ちゃんが校長(櫻井翔)への淡い想いに揺れるシーンもどちらも路線バスの中だった。きゅっと苦く、でもぎゅっと幸せな、人生の一コマ。水田さんが切り取る路線バスの中のセンチメンタルはとにかくぐっと胸に刺さる。とにかく自然に涙が出る。