額面通り

音楽と生活の記録

春いろいろ

新しいカバンを買おうと思って、週末からずーーっといろんなサイトを見ていたらもうわけわかんなくなってきた。

今使ってるやつ、デザインも大きさもちょうどよくて、劣化がひどくなければそのまま使いたいくらい気に入ってるから、余計に次が見つからない。あまりにピンとこなかったら、今のと全く同じやつを買うこともできるけど、それはそれでどうなんだ?って気持ちもある。せっかく新しくできるタイミングなのに??まったくおんなじでいいんですかぁ?って、もうひとりのわたしが聞いてくる。とりあえずちょっと一旦落ち着こう。落ち着いてもう少し考えてみる。

日記を書いてなかったあいだにもいろいろ、書き残しておきたいなーと思うことがあって、せっかくだから箇条書きでまとめておこう。

・高校生男子

某ゲーム内で、わたしのアイコンについて質問してきた男の子がいて、突然のメッセージに驚いた。アイコンの元ネタ、気がついてくれる人がいるとは思わなかったので、嬉し恥ずかしという感じ。にしても、ほんとに高校生だとしたら、そんな気軽に知らん人にメッセージとかしたらあかんよ!と昭和生まれは思う。

・ゆず味のシャーベット

年度末、ちょっといいお天気だった日、お昼にぶらぶら散歩してたら思いのほか暑くなってきたのでコンビニでアイスを買って食べた。ゆず味のシャーベット。ひと冬ずっと冷凍庫に入ってただろ的な霜がめっちゃついてたけど、外でアイスを食べるのは楽しかった、でも食べ終わるころには寒くなってぶるぶる震えた、やっぱりここは北国だった。

・覚えてないことも たくさんあっただろう

KANA-BOON「シルエット」のTHE FIRST TAKEがすごくすごく良かった。まっすぐで温かい、バンドの底力を感じるような演奏で、めちゃめちゃ涙が出てしまった。彼らのヒストリーも楽曲についてのエピソードにも詳しくないけど、心が震えて、そういうふうに感動できたことがシンプルに嬉しかった。

・A-Girl

くらもちふさこ先生の80年代の名作がデザインされたクリアファイルが付録だと知って、100億年ぶりにザ・マーガレットを買う。ひさびさに感じる雑誌の分厚さにびっくり。マンガの方は開く気力がなくて、会社のロッカーにしまったままになっているけど、クリアファイルは当時の面影そのままの絵柄でとっても嬉しい。くらもち先生の絵は、1周まわって令和のティーンにも刺さるのではないだろうか。

f:id:yellowcnr:20220404120232j:image

目下の妄想は、弥生美術館で開催中のくらもちふさこ展に行くこと。行きたいなあ、行けたらいいな。

今日の1曲目My Hair is Bad「歓声をさがして」サブスク解禁最高。金曜日いちばんテンション上がった出来事。Mステもすばらしく素敵だった。アルバムも楽しみです。