額面通り

音楽と生活の記録

素敵なaiko先輩のこと

今日の3曲。1曲目嵐「let me down」2曲目も嵐「Bang Bang」3曲目大江千里「真冬のランドリエ」

二宮くん表紙のCUTを買ったらもうすぐニューアルバムをリリースするというaiko先輩のインタビューも載っていた。正確に覚えてるわけじゃなくてあくまでニュアンスなんだけど、aiko先輩が「わたしは時間のことを考えない」的なことを言っていて、「うわー!」と思ったのだった。時間のことを考えないってすごい。すごいことだなと思う。わたし自身、世間に比べると成長時間が止まってる方だろうなと思っていて、だからこそ、世の中の時間の流れ、”年齢なり”の荒波をざぶんざぶんとかぶって疲弊することがある。”年齢なりにまっとうに”生きてる人と対峙すれば、自分の夢や希望だけで日々ふわふわしてることが後ろめたくなる時もあるし、共に歩いていたはずの友だちの変わってくステージ、どんどん人生の階段を昇りどんどん変化していくサマに愕然とすることもあって。「時間のことを考えない」そう言い切れるなんてなんて素敵なんだろう。夏の星座にぶらさがって、上から花火を見下ろして。いつまでもいつまでも、恋のふわふわに傷つけられて生きていけたらいい。めぐりくる夏の中で時間のことは考えないで、”もうあなたに触ってもらえないんだな”ってうずまく気持ちたちを夏の熱に流して生きていけたらいい。