額面通り

音楽と生活の記録

3日間の日記

3月17日お休みの火曜日。

今日は経済回すぞ~の気持ちで朝から大好きな喫茶店へ。店内のテレビで「スカーレット」を見ながらトーストとコーヒーをいただく。この喫茶店は昔昔にバイトしてたカフェのコーヒー豆を焙煎していたお店で、いつも豆を届けてくれてた息子さんと数十年ぶりに再会した。といっても向こうはわたしのことなんて覚えてないだろうから、遠目から確認しただけ。流れた月日のぶんだけ彼も老けたなあ…ということはわたしも、同じくらい老けてるんだろなあと、当たり前のことに思いを馳せる。

お昼に映画を見に行って(升野氏脚本主演のやつ)、行きたかったお店でランチを食べて、午後はひとりでカラオケ3時間。2万歩近く歩いたからすっごく疲れたけど、やりたいこと全部できた、パーフェクトに近い1日。すごく楽しいひとり時間だった。ひとりでぶらぶらするのが好きなのは、途中で気が変わっても誰にも迷惑をかけないから。その時にやりたいことをやる、食べたいものを食べる、そういう自由は尊いなと思う。

3月18日水曜日。

ほんとは原稿入稿予定の日だったけど、午後いちで飛び込んできたニュースで急遽予定変更。〆切は土曜日になった。日にちに猶予はあるけど、できれば早いうちに仕上げてしまいたい。午前中に見てたTwitterで味噌ラーメンのことが書かれてたtweetを見て、どうしてもラーメンが食べたくなってお昼にミニのカップ麺を買った。ラーメン欲が満たされて満足。

アラフェス2020の楽曲投票を済ませる。シングル曲は2018年に出したのとほぼ同じ、1曲、ピカンチをピカダブに変更しただけ。ラストイヤーだと思うと、ピカダブの歌詞がより胸に迫ってくるから、”終わったはずの夢がまだ”はどうしても入れたかった。アルバム曲とカップリング曲と各ソロ曲は、①これまでの国立で披露したことがない曲②自分が嵐を好きになってからの曲③絶対やらないだろうけど好きな人もいると知ってほしい曲 この3点を鑑みて投票。今回はたぶん、自分が嵐に気持ちを伝えられる最後の機会だと思うから、これまでの歴史を考えて、いわゆる”絶対エースの名曲”に入れるんじゃなくて、嵐を好きになってく、その過程で自分にとって存在が大きかった曲に投票した。

コロナウイルスがなければこの日の夜は又吉直樹×羽田圭介の講演会を見に行く予定だった。又吉×羽田×パンサー向井(司会進行)。朗読とカレーの夜。わたし得しかない神メンツ。主催団体からは延期だと連絡がきたけれど、ほんとに振替公演やってくれるんだろうか。絶対に見たいよ朗読とカレーの夜。

f:id:yellowcnr:20200319105042j:image

3月19日木曜日。

今日の1曲目ライムスター「It's A New Day」

朝から気温が高かったので冬のコートをやめて薄いブラウンのチェスターコートを着た。マフラーも、いつもの紺白ボーダーじゃなくて赤がメインのマフラーに。春ってほど春でもない、まだ冬もちょっと残ってる感じのお洋服コーディネート楽しい。1月に買ったパトリックのスニーカーを履ける日ももうすぐかな。楽しみ。

2曲目King Gnu飛行艇」3曲目嵐「Step and Go」

今日はこれから原稿を書く。今日上げてもいいくらいのクオリティに仕上げる。できるできる。がんばる。今日もお互いがんばろうね。