額面通り

毎朝iPodからシャッフルで流れる音楽と きらめくひかりへの恋の記録

初日舞台挨拶【2018夏旅の記録②】

yellowcnr.hatenablog.com

 

8月24日金曜日、「検察側の罪人」初日。

8時45分に日比谷駅でYちゃんと待ち合わせてたので、もろもろを考慮して5時30分くらいには起きる~とか言ってたのに、目覚ましが鳴ってもダラダラして結局起きたのは6時過ぎだった。Mが朝ごはんにホットサンドを作ってくれた。Mとは正味半日も過ごせなかったのでちょっと寂しかったけどどうせ毎日LINEしてるしな~と思って明るくバイバイ。7時半過ぎに家を出て、新代田から井の頭線で渋谷へ。

空は曇り空、蒸し暑い空気。台風が来ていたので、電車に乗った途端雨が降り出す。窓の向こうの雨粒と懐かしい景色、良かった。しかし金曜日だったので普通に通勤ラッシュで電車は混み混みだった。

渋谷でコインロッカーに荷物を入れる。今回の旅で会った人全員に「え?それだけ?」って言われたくらい荷物少ない芸人なので、ロッカーに入れたのはちょっと大きめのエコバッグだけだったんだけどそれでも身軽になった感じがした。

銀座線で表参道、そこから千代田線で日比谷まで。通勤ラッシュ絶対ひどいと思ってたけどそうでもなかった。8時40分に無事Yちゃんと合流。Yちゃんは今回のチケットを引き当てたラッキーガール。舞台挨拶当たったら一緒に行こうね!と言ってはいたけどまさかほんとに当たるとは思ってなかったよー!と言ったわたしに対して、「今回絶対当たる気がしてたの」と。すごい。強く思う気持ちってなにより大事なんだなと改めて思った。

時間早すぎるかもだけどもう映画館行ってみよ!ってトーホーシネマズ日比谷へ。まだちょっと雨が降ってたので急ぎ目で地下に入る。中はもうぱらぱらと人がいて、グッズも買えるようになってて早く来て正解だった。今日の記念に白黒のしおりをお揃いで買った。あとは開場の時間までおしゃべり。まさか自分が今日比谷にいるなんて、まさかこれから木村先輩と二宮くんを生で見るなんて、実感なさすぎてつい「全然信じられない」ってそればっかり言っていた。

f:id:yellowcnr:20180913091933j:plain

9時30分過ぎに開場。わたしたちの座席は「映画見るならここでしょ」ってくらいのど真ん中。それぞれジュースを買いにいって、わたしはオレンジジュースにした。ドキドキのまま10時になり「検察側の罪人」上映スタート。

映画はとにかくすごかった。なにしてくれてるんすか原田監督!!わたしこの映画大好きだわ原田監督!!って思った。個人的には二宮くんよりもむしろ木村先輩。最上のまっすぐさと無様さが素晴らしかったなっていうのが第一印象。エンドロールが終わって明るくなって、Yちゃんと顔を見合わせて「え?このあと舞台挨拶なの??気持ち全然落ち着かないよ!」ってちょっと途方に暮れた。それくらい映画がすごかった。

ざわざわする観客席を横目に粛々とすすむ舞台挨拶の準備。テレビカメラがたくさん入ってきていちばん後ろに陣取り、大きなカメラを持った各媒体の記者たちが最前列と2列目に座る。舞台上で注意事項を説明する若い男性スタッフ(たぶん東宝の人)が、肩掛けトートバッグを肩からかけたままマイクを持って説明してるのが面白かった。しかもそのトートバッグの柄が「デザインあ」だったのもサブカル男子って感じで良かった。

12時30分過ぎ、初日舞台挨拶開始。原田監督を筆頭に会場に現れた木村先輩と二宮くん。ちょうど真正面の位置、すぐそこに木村先輩と二宮くんがいるのがぜんっぜん信じられなかった。はじめて生で見た木村先輩、めちゃめちゃかっこよかった。細くて、顔がちっちゃくて、黒髪はぐっとオールバックで、めちゃめちゃかっこよかった。二宮くんはまた少し丸くなってて、中肉中背感すごかった。さっきまでスクリーンの中で最上と沖野としてわーわーなってたのに、今木村拓哉二宮和也としてリラックスした雰囲気で”そこ”に立ってるのがなんかヘンな感じだった。

舞台挨拶は40分弱で終了。最後、はける直前に木村先輩が、会場をぐっと見回してから一礼してくれたのがとても心に残ってる。ああこれが”主役”の人なんだって思う美しさだった。木村先輩のファンと思われる人たちが一斉に手を振る姿を嬉しそうに見てた強く優しいまなざしがとってもとっても素敵だった。二宮くんはふわ~っとしたままあっという間に扉の向こうに消えていって、さすがの二宮くんだった。(褒めてます)

大好きな二宮くんが木村先輩と初共演した映画の公開初日を、一緒にお祝いできて嬉しかった。東京のど真ん中が舞台の映画を、最初に東京で見ることができたのも嬉しかった。暑い夏の空気も、密集してるビル群も、東京ならではのものだから、映画の中の世界に近い雰囲気を感じながら見ることができてとても幸せだった。

f:id:yellowcnr:20180913091808j:plain

映画館を出たら雨はすっかり上がっていて、暑い夏の青空になっていた。とりあえずミッドタウン日比谷に入って午後の計画を立てる。ミッドタウン日比谷はこの夏思い浮かべることが多かった場所だったから、今自分がここにいるということが重ねて信じられない気持ちだった。時間的に微妙だったけど、わたしがかねてから行きたかったお店までとりあえず行ってみることに。

都営三田線南北線を乗り継ぎ、麻布十番。嵐さんがデビュー直前にジャニーさんに連れてこられて「YOUたち嵐だから」と言われた焼肉屋さん「三幸園」。 

f:id:yellowcnr:20180913091804j:plain

アイドルタイムでお店はやってなくて、入れなかったんだけどじゅうぶん満足。そもそもYちゃんは牛肉が苦手だったのに無理に来てもらったから、やってなくて逆によかった。場所は把握したのでまたの機会にきたい。

f:id:yellowcnr:20180913091813j:plain

麻布十番といえばの写真も撮りつつ、白金高輪まで戻って「ひき肉少年」へ。

f:id:yellowcnr:20180913142238j:plain

1/28OAのしやがれ「絶品丼デスマッチ」で翔潤から名言が飛び出したひき肉ライスのお店。

f:id:yellowcnr:20180913091908j:plain

(翔 一口食べる)

「麻婆豆腐経由カレー行きって感じ」

(となりにいた潤 一口食べる)

「各駅停車だったら麻婆駅があんだけどー」

「……笑」

「特急だからその麻婆駅通過しちゃう感じ」

f:id:yellowcnr:20180913144227p:plain

 

f:id:yellowcnr:20180913144312j:plain

いやわかるよほんとに麻婆豆腐経由カレー行きって感じだった

お店の方がとてもフレンドリーで、いろいろ話しかけてくれてドキドキしたけど楽しかった。から揚げもおいしかった。こいつら絶対嵐ファンだろうなーって思われてただろうけど嵐さんについては触れられなかった。

かなり蒸し暑くて、暑い中無駄に麻布十番もぶらぶらしたもんだからお水をがぶがぶ飲んでしまって、でもそのたびに店員さんがお水たくさん注いでくれて恥ずかしかったけどありがたかった。

無事にお昼ごはんにありついて、お腹も満たされたところで恵比寿へ移動。南北線で目黒まで、目黒から山手線で。目黒・恵比寿・渋谷は勝手知ったる街なので懐かしいやら切ないやら。恵比寿に来るとますます、東京に帰ってきたいなあと思ってしまうのはしょうがない。

f:id:yellowcnr:20180913091855j:plain

明治通りはかつての通勤路

f:id:yellowcnr:20180913091845j:plain

迷いながら辿り着いたたまごサンドのお店。けっこう歩いたのでここで長めに休憩。

f:id:yellowcnr:20180913091851j:plain

お腹いっぱい~といいつつ当然ケーキも食べる

Yちゃんとは4年前にはじめましてして以来毎回一緒にコンサート行く仲だけど、コンサートの時はどうしてもコンの中身の話ばかりになっちゃうので、今回ゆっくりいろんな話ができて楽しかった。中でも盛り上がったのは5×20嵐会議の選曲。何を選んだかは〆切前にLINEでやりとりしてたのに、嵐さんの楽曲のことだけで2時間は話してた。

あとはホットな話題が主で、櫻井二宮の文春砲について、二宮くんマジで結婚したいのかな問題、女が嫌いな女の話、男が好きな女のタイプとは、映画の感想、キンプリちゃん楽曲良すぎる問題、Yちゃんが気になってる男の子の話、うちの夫くんがコオ先生のビジュアルに似てる~って話など。映画の中で吉高ちゃんがいった「わたし最初のキスは自分からって決めてるんです」ってセリフがすごいいいタイミングで飛び出して爆笑したりしてほんとに楽しい時間だった。

コーヒーのおかわりも飲み終わり、時間は夕方5時をすぎたので、お店を出る。出たらちょうど右手に神社があるのを発見したので、お参り。

f:id:yellowcnr:20180913091704j:plain

今回の幸運に感謝と御礼を。小学生の男の子2人が鳥居の前でキャッチボールをしていて、その姿がにのあいみたいでとてもかわいかった。

 

 ③へつづく